「ココロとカラダ 元気のしくみ」が欲しいです。

標準

「ココロとカラダ 元気のしくみ」が欲しいです。

 

 

商品の説明

内容紹介

ココロを元気にするカラダの使い方! カラダを元気にするココロの使い方! 

おのころ心平氏(ココロとカラダをつなぐカウンセラー)は、23年間、カウンセリングの現場に
身を置き、主に重い疾患を抱える多くのクライアントさんとセッションする中で、ココロが
及ぼす病気への作用を研究してきた。

本書では、著者が、元気と病気のしくみを紹介。元気=「気」が「元」に戻ること。気が滞ると
病気が生じる。元気と病気がわからなくなって、“なんとなく元気が出ない、疲れが取れない”、
“自分は病気かもしれない…”と感じている人におすすめ。

帯津良一氏、川島朗氏、保坂隆氏、対馬ルリ子氏、永田良一氏、上野圭一氏、やましたひでこ氏、
他、15名が推薦! !

著者について

おのころ 心平(おのころ・しんぺい)
1971年に生まれる。一般社団法人自然治癒力学校理事長。ココロとカラダをつなぐカウンセラー。
これまで2万3千件、約5万時間の臨床経験をもつ。ガン、自己免疫疾患、生活習慣病など各病気
の奥に潜む心理的欲求を読み解き、それを自然治癒力解放へと導くカウンセリングは高く評価され、
経営者、アスリート、文化人など多くのクライアントを抱える。他方、パーソナル医療コーディ
ネーターとして病院や治療法の医療選択もサポート。セミナーと講演は年150回を超える。
著書には、『病気は才能』(かんき出版)や『ゆるすいっち。』(主婦の友社)などがある。

アマゾンより引用)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です