「このママにきーめた!」が欲しいです。

標準

「このママにきーめた!」が欲しいです。

 

 

商品の説明

内容紹介

8月16日の「スッキリ!!」(日本テレビ系)に著者が出演し大反響! 

「ねぇ、どうしてママをえらんだのか、しってる?」

あかちゃんが、おそらのうえから一人のママをえらびます。
「ようし! ぼく、このママにきーめた! 」
おそらでは、みんながビックリ!
「うえ~! ホントにあのママでいいのかい?」
「うん! ぼく、あのママがいい! 」

ママとお腹のあかちゃんとの対話がはじまりました。
産まれてからはいっしょの生活もはじまります。

ある日、毎日おこってばかりのママは、
あかちゃんからひみつのおはなしを聞かされて号泣しました。

あかちゃんがママに伝えた、おはなしとは?

【「あとがき」より】
おなかのなかの記憶がある子どもたちに会って描いた絵本です。
ビックリしたのは、「なんで産まれてきたの?」ってきくと
「そんなのママをよろこばせるために決まってるじゃん! 」
と全員がいうことです。
子どもは、まずママをよろこばせて、
だれかをよろこばせる自信をつけるんです。
ところがママは、自分の子がちゃんと育ってほしいから、
よろこばずにしつけようとおこってしまう。
子どもがしてほしいのは、しつけることじゃなく、
子どもがしたことによろこぶことです。
ママをよろこばすことができたら、
ママ以外の人もよろこばそうとするのが子どもたちです。
みんながだれかをよろこばすようになったら、
世界は、さらによくなるよね。

世界をよくするのは、ママがどれだけよろこぶかにかかってるんですよ。

えほんさっか のぶみ

著者について

のぶみ(のぶみ)
絵本作家。1978年、東京都生まれ。
大ヒット絵本『ママがおばけになっちゃった! 』『さよなら ママがおばけになっちゃった! 』(講談社)をはじめ、『あたまのうえのかみさま』『サンタパスポート』(小社)、『おこらせるくん』『いのちのはな』(KADOKAWA)、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)、『おひめさまようちえん』シリーズ(えほんの杜)、『ぼく、仮面ライダーになる! 』シリーズ、『よわむしモンスターズ』シリーズ、『トッキュウジャーかぞく』シリーズ(以上、講談社)など160冊以上の絵本を出版。アニメでは、NHK「おかあさんといっしょ」の「げんしじんちゃん」「よわむしモンスターズ」、NHK「みいつけた! 」の「おててえほん」を手がけるほか、漫画家・森川ジョージ氏とのコラボレーション、内閣府の「すくすくジャパン! 」のキャラクター作画を担当。また福島の子ども達を応援するために、個人で制作したキャラクター「あたまがふくしまちゃん」は、ゆるキャラグランプリ2013、2014で2年連続東北1位を獲得するなど、幅広く活動をしている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

のぶみ
絵本作家。1978年、東京都生まれ。福島の子ども達を応援するために、個人で制作したキャラクター「あたまがふくしまちゃん」は、ゆるキャラグランプリ2013、2014で2年連続東北1位を獲得するなど、幅広く活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アマゾンより引用)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です