「NEW くみくみスロープ (リニューアル)」が欲しいです。

標準

「NEW くみくみスロープ (リニューアル)」が欲しいです。

 

 

  • 【材質】本体・ボール:ABS樹脂

商品の説明

種類:単品

商品紹介

ボールが下まで落ちるようにコースを考えて作る遊びをとおして、作り上げる達成感を味わい、集中力や創造性を育てます。19種類のパーツの組み合わせでさまざまなコースを作ることができます。

Amazonより

ブロックのようにパーツを使ってコースを組み立て、ボールを転がす。いろいろなパーツを組み合わせながら、自分だけのコースが組み立てられる。組み立てたら、うまくボールがころがるか試してみよう! 様々な形をしたパーツを組み合わせることによって、ボールの転がり方やコースが変わる。その組み合わせを、ボールがうまく下まで自分が思ったとおりにころがっていくかに注意しながら考えることによって創造力を育む。

パーツには、ボールがゆっくりころがっていくスロープ状のものや、ボールが通ると羽根車が回るもの、ボールが通るたびはコースを切り替えるポイントが付いているもの、皿状になっていてボールがくるくる回って落ちていくものなど、様々。

まず、付属の解説書に掲載している作例集を見ながら、パーツの役目などの特性を把握してから、今度は独自のコースを作ってみよう。対象年齢3歳から。

●使い方のヒント
ステップ1:まず「作例集」16ピースを作ってみよう

最初は少ないピースでコツをつかんでみよう。難しければ、おうちのかたが手伝ってあげて。完成したコースで、飽きるまで遊ばせてあげよう。


ステップ2:だんだん使うパーツを増やしていこう

「作例集」には、8種類の例がのっているので、作品集をみながら、少しずつ使うパーツを増やして作ってみよう。作例集の「59ピース」まで作ってみよう。


ステップ3:自由にコースを考えて作ってみよう

創造性を発揮して、自由にコースの形を考えてみよう。ボールがきちんと転がるように、パーツの向きに注意!

 

●商品概要
セット内容 : パーツ:19種類59個、ボール:12個
サイズ : パッケージ:17×27×26.5cm
材質 : ABS樹脂
生産国 : 中国

アマゾンより引用)

 

「くもんの日本地図パズル」が欲しいです。

標準

「くもんの日本地図パズル」が欲しいです。

 

これ、イイですよね。

恥ずかしながら、「○○県はどこよ!?」って質問にズバりと答えられないところもあります・・・。

子どもと勉強しながら、しれーっと自分もおぼえられるので、知ったかぶりするには持って来いです!

本屋さんやおもちゃ屋さんでも品切れが多いみたいですよ。

 

 

  • 本体サイズ :幅28.00cm×高さ32.00cm×奥行9.00cm
  • 対象性別 :男女共用
  • 対象年齢 :5歳から
  • 主な製造国 :中国
  • 安全基準 :ST

商品の説明

商品紹介

都道府県が立体的なピースになった日本地図のパズル。各都道府県の形や大きさ位置関係が遊ぶうちに覚えられます。まず、8つの地方ごとに色分けされている「基本ピース」からスタート。「基本ピース」ができるようになったら全国が同じ色の「発展ピース」へとステップアップ。子どもの力にあわせて何度でも楽しめる。色や形を手がかりに、ピースをはめ込むくり返しの作業によって、直感的な判断力や集中力が育まれます。ピースは2つ折りにした台の中に収納可能です。都道府県名確認地図、地形図、白地図の3種の地図が各1枚と、ひらがなシール・目かくしシール1枚、ピース収納袋2枚が付属します。
【 遊び方 】
1、8つの地方ごとに色が分かれている「基本ピース」を使って遊びます。
2、「基本ピース」ができるようになったら、日本全国が同じ色になっている 「発展ピース」にチャレンジ!
3、「都道府県名確認地図」の上にピースをのせて遊ぶことが出来ます。
4、「白地図」に覚えた都道府県名を書き込んだり、ぬりえができます
5、ピースは漢字で県名が標記されています。お子さまにあわせて使える「ひらがなシール」「目かくしシール」付き
6、遊び終わったピースは「収納袋」に入れて台の中に収納できるので、片付けも簡単です。

(Amazon.co.jpより)

Amazonより

最初は「基本ピース」から

最初は「基本ピース」から「基本ピース」は8つの地方別に色分けされている。北海道など、県の数が少ない地方から作ってみよう。
難しい時は付属の「都道府県名確認地図」を見ながら挑戦しよう。

ピースは持ちやすい適度な厚み

ピースは持ちやすい適度な厚みピースにほどよい厚みをもたせているので、小さなお子さまでも扱いやすくなっている。

「発展ピース」でステップアップ!

「発展ピース」でステップアップ!「基本ピース」ができるようになったら、「発展ピース」にチャレンジ。お子さまの力に合わせて遊べる。

「目かくしシール」で更にハイレベルに

「目かくしシール」で更にハイレベルに「発展ピース」の漢字に無地の「目かくしシール」を貼って、ピースの形だけで都道府県名を当ててみよう。

ピースは台の中に収納可能

ピースは台の中に収納可能おかたづけも遊びの延長。ピースは台を折りたたんで、中に収納できる。2種類のピースにはそれぞれ収納袋がついている。

安全警告

ST

アマゾンより引用)